ナースの本音、あるある、病院裏話を(うっかり)暴露しちゃうぜ

特定看護師とは

特定看護師は、現在資格として具体的に取得できるものとして確立されていはいませんが、研修修了後、医師の指示の元でもともと医師が行ってきた医療行為を、医師の包括的な指示の元で、ある程度の範囲内で判断し、手順書により医療の特定行為を実施することができるという看護師です。

本日のコラムは、この特定看護師という職業について詳しくご紹介してまいります。

特定看護師になる方法と役割

特定看護師のイメージ写真
特定看護師は、看護スタッフの中で医師がいなくても、看護チームのリーダー的な役割を担う位置付けになります。

まだ試行段階ですので変更となる場合がありますが、特定看護師は誰でもがなれるわけではなく、なるための条件がいくつかあります。

現在の「特定看護師(仮称)養成調査試行事業実施課程」の申請にあたっての必要な要件は、日本看護協会が認定する研修を受けるには当該分野の認定看護師資格を有すること、認定看護師の資格取得後5年以上の経験を有すること、当該分野の認定看護師として実践を積んでいること、研修を受けるに当たり所属施設の看護部長あるいは施設長の同意を得ていること、出張及び研修等で研修中の身分が保証されていることがあります。

他にも、臨床経験が5年以上あれば受講資格が得られることがあります。

看護プロ
このサイトの求人を見る

資格所有者に与えられる特定医療行為について

特定看護師が行う「特定の医療行為」として現段階として挙げられている項目は、高度な知識と技能が特に必要とされる21区分38行為とされています。

具体的には、例えば、動脈血ガス測定のための採血、インスリン投与量の調整、人工呼吸器装着中の患者のウィニング、気管挿管、抜管等、創部ドレーンの抜去、褥瘡の創傷処置、褥瘡の壊死組織のでブリードマン、疼痛・発熱・脱水・便通異常・不眠等への対症療法、副作用出現時や症状改善時の薬剤変更・中止などがあります。

このような行為は、医師が看護師のために作成した文書である「手順書」に基づいて行われ、看護師に診療の補助を行わせる患者の病状の範囲やその内容が書かれています。
この手順書は、現段階では21区分で38行為となっていますが、今後のニーズの変化によっては、行為数が増えることも予想されています。

特定看護師の制度は、医師の負担を削減することや高齢化社会で医師が不足し患者への判断や医療行為が急がれるときに素早く対応するために作られました。
特定看護師の制度はまだ試験段階の現状であり、資格取得を支援している医療機関が限られている状況でもあります。

将来、特定看護師として活躍するなら、認定看護師の資格を取得し実践を積み、特定看護師の資格取得を支援している医療機関を探してみるといいでしょう。

特定看護師の研修内容

特定看護師の研修イメージ写真
特定看護師になるためにはそのための特定看護師の研修を受講することが必要で、日本看護協会の特定行為研修を受講の場合は認定看護師のみが受講資格がありますが、その他の特定行為研修を実施している大学や学校のほとんどでは、3~5年以上の臨床経験があることが条件で受講資格が得られます。

研修の内容は、共通科目として「全ての特定行為区分に共通して必要とされる能力を身につけるための研修」が合計時間315時間あり、内容は、臨床病態生理学、臨床推論、フィジカルアセスメント、臨床薬理学、疾病・臨床病態概論、医療安全学、特定医療実践があります。
さらに区分別科目として「特定行為区分ごとに必要とされる能力を身につけるための研修」が区分ごとに時間の設定があり15~72時間とされています。

内容としては、呼吸器(気道確保に係るもの)関連、呼吸器(長期呼吸療法に係るもの)関連、創傷管理関連、創部ドレーン管理関連、栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連、感染に係る薬剤投与関連があります。
この研修を受講し、研修を修了することによって特定看護師になることができます。

医療現場における業務内容

本来看護師は、医師の「具体的指示」のもとで診療の補助やケアを行いますが、特定看護師となることで、医師の「包括的な指示」のもとで診療の補助やケアを行うことができます。
それは、医師が作成した「手順書」に基づいて判断やケアを実施し、医師の判断を仰ぐこともできますが、医師に判断を仰がずに自分の判断でケアすることもでき、医療行為がスムーズに行われるようになります。
つまり、通常看護師が行わない医療行為を特定看護師が実施することで、医師に判断を仰いだりする時間を省いて医療を進めることができます。

現在の実際の医療の現場では、医師との意見調整や、医療行為を実施までに時間を要することが多くあったり、患者さんの負担や緊急性に対応することが困難なことがある場合もあります。
しかし、特定看護師は、自分の判断である程度の医療行為ができるために迅速に対応することができます。

もともと医師の負担の軽減化や医師不足の問題を解決するために、特定看護師の判断で医療を行うことができるようにとの目的で特定看護師の制度が作られましたが、看護師の仕事の幅が広がることで、看護師としての役割と遣り甲斐が広がる可能性もあります。

日本では、看護師が診断することや薬の処方をすることは認められていませんが、特定看護師は医師と看護師の中間的な役割であるといえるでしょう。

ナースジェイジェイ(NurseJJ)
このサイトの求人を見る

まとめ

いかがでしたか?特定看護師になることで行える業務の幅が広がることがお分かり頂けたかと思います。
ちなみに、特定看護師になった場合、お給料はアップするのか…?という点ですが、もちろん病院やクリニックによって違いはありますが、残念ながら期待するほどのお給料アップは望めません。
それでも「看護師としてキャリアアップをしたい!」と考えている方にとってはオススメですので、ぜひチャレンジしてみてください。