カテゴリー:看護師転職のコツ

看護師養成学校、大学へ入学し、看護師を目指す男性が増えています。現場でも男性看護師は珍しくありません。

しかし、未だ看護師は女性の世界。特に看護管理者である現場の看護部長、師長、主任はほとんどが女性です。

女性だらけの職場で働く男性看護師はどんなストレスを抱えているのでしょうか?のリアルな悩みを紹介していきましょう。

男性看護師と同僚女性看護師との人間関係は

「同じ病棟で働く看護師の中で、男性は自分一人」という状況に置かれている男性看護師さんは少なくないでしょう。

男性看護師は、女性看護師に頼られる存在であるとともに、嫌われやすい存在でもあるようです。というより、一旦嫌われると関係性が修復されにくい、といった方が正しいようです。

女性同士は、どんなに嫌いな相手でも、直接的な衝突を上手く回避する傾向があります。しかし、男女間では、女性から嫌われると無視されたり言葉で攻撃されがちです。

男性看護師が人間関係で失敗してしまった例

男性看護師Aさんは、同じ病棟で働く女系看護師のうち、BさんCさんと特に気が合っており、仕事に関する情報交換をしていました。

BさんCさんは主任看護師のDさんと考え方が異なっており、反感を抱いていました。要するに仲が悪かったのです。男性看護師Aさんは、BさんCさんに味方していると認識され、看護主任を中心とするグループに徹底的に嫌われてしまいました。

BさんCさんが直接主任グループと衝突することはありませんが、間に男性看護師Aさんを挟んでにらみ合いが起こっている訳です。

このように女性看護師同士の派閥に挟まれて、辛い思いをすることがあるようです。

男性看護師が人間関係のトラブルに巻き込まれないためには、日ごろから女性看護師に平等で公平な態度で接しておく方が良いようです。

男性看護師と女性上司との人間関係は

男性看護師の上司が女性看護師、という状況が一般的です。

女性上司が、新人看護師の悩みを男女関係なく受け止めてくれる人であればラッキーです。しかし、中には悩みを相談、仕事上の不満や要望を伝えても「男なんだから我慢して」「男のくせに小さなことを気にしないで」と、真面目に受け止めてくれない女性上司もいるようです。

女性上司は、女性看護師に対しては関係性が悪くなるのを恐れて、厳しく𠮟りつけることは少ないようです。相手が男子看護師でしかも新人だと「怒りやすい」ためか、しつこくミスを指摘したり、感情的に怒ってくることがあります。

これは女性特有の甘えの裏返しでもありますが、怒りを受け止める方はたまったものではありませんね。

男性看護師がストレスに感じている事とは

男性看護師がストレスに感じている事について聞いてみました。

  • 男性だから、と体格のデカい患者さんばかり受け持たされる。腰が痛い。
  • 介助入浴の業務ばかり割り当てられる。
  • 物品の運搬など、女性看護師には割り当てられない仕事を与えられる。
  • 女性上司がイライラしている時、なぜか真っ先に怒られる。
  • 休憩室、仮眠室は病院全体で男性専用が1つ、病棟から遠くて不便。
  • 男性看護師が嫌、と何の根拠もなく拒否してくる患者がいる。
  • 手術室、救急外来、放射線科などの特殊業務と兼務させられがち。

あるある、と納得させられる内容です、ちょっと笑ってしまう内容もあります。男性看護師ならではのストレスですね。

男性だから、と押し付けられる仕事、やらせてもらえない仕事

力仕事系は担当させられがちです、女性患者さんへの対応や保清はやらせてもらえないことがあるようです。

病院全体の風潮や上司の考え方にもよりますが、男性看護師だからといって他の看護師と差別されては困ります。看護師としての経験値に差が出てしまうと、看護技術の達成度にも影響してきます。

男女問わず、公平かつ適正に応じて看護業務を割り振ってくれる職場が理想です。

男性看護師だからと言って、押し付けられる仕事、やらせてもらえない仕事がなるべく少ない職場が理想です。

男性看護師の仲間がいる職場は働きやすいのか

男性看護師が自分一人だけ、という職場よりも男性看護師の仲間がいる職場の方が、働きやすそうな気がします。

男性看護師の先輩が活躍している病院、施設であればより心強いです。男性看護師が師長、主任を任されている病院、施設であればなお心強いですね。

病院、施設全体の男性看護師がサークルを作って、定期的に飲み会や意見交換会をしているところもあるようです。先輩後輩関係なく交流し、大変楽しそうですし、働き続けるモチベーションに繋がっているようです。

最後に

女性ばかりの職場で働く男性看護師。男性ならではの悩みやストレスがあることが分かってきました。

男性看護師が働きやすい職場に就職するためには、組織でどれだけ男性看護師が活躍しているか、どんな仕事を担当しているのかをしっかり把握しておく必要がありますね。

男性看護師の転職は、看護師専門の転職サイトがオススメです。男性看護師が働きやすい病院、施設を紹介してくれる上、就職までしっかりサポートしてくれます。ぜひ参考にしてください。