カテゴリー:看護師転職のコツ

もう

「仕事辞める」

看護師にとって大きな決断です、辞めることで新たな世界が広がり、より経験豊富な看護師にステップアップするきっかけになります。妊活や子育てに専念したい、主婦業に専念したいから看護師を辞める、という方もいるでしょう。

どんな理由であっても、辞める時は円満退職を目指したいものです。

この記事では、看護師が辞める前にやっておくべきことを具体的に解説していきます。円満退職がなぜ良いのかについての解説、円満退職の秘訣を伝授します。

“仕事を辞めたい”すべての看護師に読んでいただきたい記事です。

勢いで仕事を辞めない、次の就職先を探しておくことが基本

看護師が仕事を辞める前にやっておくべきことは、次の就職先を探しておくことです。

看護師は「仕事に疲れてしまって、しばらくゆっくりしたい」「上司にムカついてとにかく辞めかった」「勢いで仕事を辞めて、次の事は考えていない」と勢いで仕事を辞めてしまう方が多いようです。

看護師が働く現場はどこも人員不足で、看護師の売り手市場と言えます。

しかし、本当に自分がやりたい看護の分野や、希望条件に合う仕事は、簡単に見つからないこともあり得ます。勢いで仕事を辞めたものの、希望に合う仕事に出会えずに困る、ということが無い様にしたいものです。

上司にムカつく、同僚とのケンカ、医師とのトラブルなどすぐに辞めたい要素があっても、冷静になって、次の仕事を探しつつ辞める準備をしましょう。辞める前に次の就職先を探しておくことが基本です。

 

看護師は退職を心に決めても、同僚看護師に話さないこと

看護師が仕事を辞める!と心に決めた時、ひとまずは自分の心にしまっておくことが重要です。看護師同士、病院職員同士に「ここだけの話」は通用しないと思って下さい。

「○○先輩とどうしても合わないから、〇月末に辞めることにした」「もっと条件のいい病院見つけちゃった、面接受けてきた」こんな感じで、同僚看護師に話したくなる気持ちは分かります。心に秘めておく方が難しいかもしれませんね。

上司や勤務先が、退職を正式に了承していない場合、このような話が噂になってしまうと、厳しく注意を受ける可能性があります。なぜなら、辞める看護師の話は、職場の士気を下げてしまうからです。人間関係のトラブルを招く恐れもあります。

辞めたい、辞めるつもり、他の病院を探してきた、等の話は他言しない方が良いしょう。仲の良い同僚看護師だからといっても油断禁物です。親しい医師、研修医に「ここだけの話、辞めることにした」という内緒話はもっといけません。ほぼ100%情報漏洩すると思ってください。

上司、勤務先が退職を了承し退職日が決定されてから、慎重に話すべきです。トラブルメーカー扱いされる危険性がありますし、最終出勤日までツラい思いをする羽目になるかもしれません。退職を決めても上司に了承されるまでは、心にしまっておきましょう。

有給休暇の残数を確認し、計画的に最終出勤日を決める

退職日が決定したら、確認すべきことは有給休暇の残数です。自分の有給休暇の残数を知らない看護師は多いようです。

退職予定日が決定したら、有給休暇や年次休暇、代休の残日数を確認し、いつまで出勤するかを職場と相談します。勤務先の総務や人事などに確認する方が正確です。

注意点としては、有給休暇や年次休暇は「絶対取らないといけない」ものではありません。有給休暇の残が10日あったとしても、10日全て取得する義務はないということです。あくまでも、労働者(この場合看護師)の希望によって取得するものです。

退職予定の看護師が休むことで、業務に著しい支障が出ると判断された場合、職場の要請に応じて出勤が必要なこともあるということです。

また、退職日までの有給休暇消化中は、まだ在職中ですので、許可されていないアルバイトは原則禁止です。連絡が付くようにしておく義務もあります。退職日が決まったら、上司と相談し計画的に最終出勤日を決めましょう。

有給休暇消化中は、羽を伸ばして旅行に行ったり、普段会えない人に会いに行ったりするのも良さそうですね。考えただけでワクワクします。

職場の私物はスマートに片づけて、返納品はスムーズに返す

退職日の前日までにすべきことは、後片付けです。

名札、保健証、ロッカーキー、制服、その他借りていた看護物品は揃えて返納できるようにしましょう。訪問看護師は、訪問用鞄や血圧計、聴診器、爪切りなど貸出物品が多いため、特に注意が必要です。

返し忘れやすいものとしては、病棟の図書から借りていた雑誌や参考書、委員会活動で使用していたUSBフラッシュメモリーなどがあります。病院によっては、公休届、勤怠表、勤務実績表を記載する方式を取っている様です。退職日までに漏れが無い様に記載します。休憩室に持ち込んだ雑誌、健康グッズ、冷蔵庫内の食料は引き上げておきましょう。

立つ鳥後を濁さず、終わりよければ全て良し、ということわざがあります。退職したスタッフの私物が残っていたり、ロッカーが汚いままだったり、返してもらった物品が不足していたり破損していれば、悪い印象につながります。退職してから、前職場から苦情を受けるのも嫌ですね。

期日までに返納すべきものを返し、職場の私物はスマートに片づけておくことが大切です。

ムカついていても退職の挨拶は礼儀正しく

人間関係のトラブルを理由に退職する場合、ムカつく相手がいたとしても退職の挨拶は絶対必要です。ついでに社会人としての礼儀正しさを付け加えましょう。

上司とソリが合わない、等の理由で退職する人の中には、自分が好きな相手にだけ退職の挨拶をしていく人がいます。「またね!」という軽い感じの挨拶のみで、お世話になりましたという礼儀が欠けているように思います。

退職日までに、関連部署には退職の挨拶を忘れないようにし、所属部署には「ありがとうございました」という礼儀正しい挨拶をしましょう。

どんなにムカつく相手にも、しっかりとした挨拶で別れを宣言する。その姿勢が、新しいスタートを後押ししてくれるでしょう。

退職の挨拶のタイミングは、最終出勤の2日前くらいから徐々に回り始めるのが妥当とかと思います。関連部署が多い場合は、計画立てて挨拶回りをしましょう。忙しい時間帯は避けるように注意しましょう。

次の就職先を決める面接で、前職の悪口は絶対に言わない

看護師が次の職場を探す時、必ず面接を受けます。

面接で必ず聞かれる事は「前職の退職理由」です。なぜ、転職しようと思ったのですか?退職のきっかけになった出来事はありますか?前の職場で嫌だったことは何ですか?といった質問です。

看護師が犯しがちなミスは、これらの質問に対して本音と愚痴をしゃべってしまうことです。ダメな回答例を見ていきましょう。

  • 先輩の指導がいじめかと思うほどキツく、レポート提出や勉強会参加など、プライベートな時間を削られることが多くしんどく感じた
  • 師長や主任看護師と合わず、自分だけキツい仕事を割り当てられていると感じて納得がいかなかった。サービス残業が多すぎた
  • プリセプターに指導してもらったが、ペースが合わず思うように勉強が進まなかった
  • 医師から怒鳴られたり、パワハラを受けて精神的にツラかった

これらは、事実であれば退職する看護師にとってかなり辛い体験です。同情すべき点もあります。しかし、面接で前職の退職理由を聞かれ、前職の人間関係や教育体制を非難するようなことは言わない方が得策です。

退職理由のNGワードは「人間関係」「サービス残業」「パワハラ」「勉強会」です。

前職の退職理由は、面接を受ける組織の志望動機に繋がります。ネガティブ過ぎる退職理由は、面接に失敗する危険があると認識すべきです。

看護師が円満退社しやすい時期とは

看護師が円満退社しやすい時期は、年度末の3月と考えられています。

もちろん、12月頃までに退職を申し出ていれば、新年度4月採用のスタッフを補充するゆとりがあるため、職場にかかる負担が最小限と言えます。

年度末3月以外にも、円満退社しやすい時期があるのをご存知でしょうか。

実は6月~7月も狙い目

その理由を解説していきます。4月入職看護師をオリエンテーションし、職場の雰囲気になじんでくるのが6月~7月なのです。3月末退職せず、4月入職看護師のオリエンテーションに加わることで「職場に貢献してくれた」という好印象がアップします。

8月末退職は、夏のボーナスをもらってから辞めよう、と計画している看護師にとって絶好の機会ですから、お盆休み明けに退職が集中する傾向にあります。必然的に、再就職は9月~10月に集中し、条件の良い職場は争奪戦となります。8月退職の看護師より早めに退職し、秋前に好条件の再就職先をGET出来ればラッキーです。

看護師が円満退職しやすい時期は、年度末と6~7月と言えるでしょう。

看護師が円満退社する秘訣とは

看護師が円満退社のする秘訣をまとめます。

  1. 勢いに任せて仕事を辞めないこと
  2. 退職を決めても、軽々しく周囲に話さないこと
  3. 後片付けを確実に行うこと
  4. ムカつく相手にも礼儀正しく退職の挨拶をすること
  5. 職場の悪口を言わないこと

振り切るように辞めた職場、ギクシャクして挨拶もせずに辞めた職場もあるかもしれません。辞める時は、円満かどうか関係ない、ムカつく職場とオサラバだ!という方もいるでしょう。しかし、看護師の世界は狭いものです。辞めた病院で一緒に働いていた看護師と、何年か後に違う職場で出会う、と言ったことは珍しくありません。

円満退社は、退職からずっと先の人間関係にも良い影響を与えることでしょう。

最後に

いかがでしたか?

嫌なことがあって仕事を辞めたい看護師の皆さん。勢いで仕事を辞める前に、好条件の次の仕事を探しておきましょう。

今は、ネットでお仕事検索できる時代です、ぜひ無料の看護師転職サイトに登録して、お仕事探しの苦労を吹き飛ばしましょう。転職専門のアドバイザーがあなたにぴったりのお仕事を探して紹介してくれます。

履歴書作成、退職理由や志望動機のアドバイスもしてくれますから、面接で失敗する不安はありません。看護師の円満退社と好条件のお仕事、両方GETのサポートをしてくれます。

仕事を辞めたい看護師さんの円満退社、素敵なお仕事との出会いを応援しています。