公開日:
カテゴリー:看護師関連情報

看護師の皆さん、普段はどの診療科でお仕事をされていますか?

どんな部署でも仕事内容が違えば、向き・不向きってありますよね?

現在、転職や復職をお考えの方、自分に合った働き方や向いている診療科がどこなのか悩んでおられるかもしれません。

そこで、整形外科外来で働いた私の経験をもとに、

  • 整形外科外来への転職・ブランクを経ての復職
  • 整形外科外来における看護業務内容
  • 整形外科外来の給料の相場
  • 整形外科に向いている人、向いていない人

について紹介します。

整形外科外来看護師の仕事内容

整形外科外来に来られる患者さんは、関節や神経系の治療によるものと、事故やケガによる外傷によるものとに分けられます。

治療部位においては、頭から肩や腰、手足、脊髄や骨盤など非常に広範囲に及んでいます。

受診される患者さんは、小さな子供から高齢の方に至るまで様々です。

小さな子供さんの場合は、転倒による打撲や切り傷、若い人は交通事故やスポーツ時のケガ、仕事中の事故やギックリ腰などが多いです。

高齢の方は、圧迫骨折や転倒による腰や足の痛み、膝の痛みなどがあります。

治療法についても病院やクリニックによって違いがあります。

整形外科外来の関節・神経系の治療

私が勤めていた病院では、腰や肩、膝の神経痛を訴えてこられる比較的高齢の患者さんが多かったです。

まず、看護師がアナムネーゼ(病歴)をとって、痛みの部位や、いつから痛むのか、他の病気、服薬中の薬、既往歴などを聞きます。

それから、医師の診察があり、医師の指示のもと看護師はレントゲンの準備をし、その後は必要に応じて採血や看護師による痛み止め注射、医師による神経ブロック注射、電気治療という流れになっていました。

一連の流れが終わるまでは初診だと、かなりの時間を要します。

看護師は流れをしっかり把握して、他の患者さんとの兼ね合いも含めて、先にできることは先に済ませたりの判断も必要です。

整形外科外来の外傷の治療

外傷の場合もまず看護師がアナムネをとって、いつどこで外傷を負ったのか、痛みの程度や部位、他の病気や服薬中の薬、既往歴を聞きます。

外傷がひどい場合は、医師が診察しやすいように、洗ってガーゼを当てるなどの処置も事前に看護師が行います。

医師が診察する時には、看護師はそばについて、必要な処置の医療器具の準備や医師の補助をします。

医師が言う器具を素早く差し出すことが必要なので、医療器具を覚えることは必須です。

使った医療器具は洗って滅菌消毒し、必要な場合は、医師の指示に応じて看護師は、採血や痛み止めや化膿止めの注射も行います。

また、骨折や捻挫などの場合は、レントゲンの準備や補助、ギプス固定や、シーネ固定も必要になってくるので、その準備や医師の補助、松葉杖の準備や調節も行います。

整形外科外来のその他の仕事

整形外科外来とはいっても、整形外科の患者さんだけが、病院に来られるわけではありません。

胃透視検査も行われていたので、その準備や補助も行います。

さらに、風邪やインフルエンザ、腹痛などの内科的な診察もされていましたし、原爆検診や一般検診もされていました。

主な仕事内容は次の通りでした。

  • 医師の診察介助
  • レントゲンなどの検査準備と補助
  • 採血
  • 注射や点滴
  • 医師の処置の補助
  • ギプスや包帯の交換
  • 電気治療やリハビリの準備や介助

いかがでしょう?私の経験の場合ですが、かなりいろんなことをやらなければいけないことがおわかりいただけると思います。

整形外科外来看護師の給料の相場

さて、転職を考える皆さんが、もっとも気にするであろう、給料の相場についてお話します。

残念ながら、整形外科だから他の科と給料が大きく変わる、ということはほとんどありません。

また、外来看護師は基本的に夜勤がないですし、半日が週2日あり、日曜、祝日は休みというのが一般的なので、当然、病棟勤務より給料は低くなります

いくつかの収入例をご紹介しましょう。

正社員(常勤)整形外科外来看護師の給料例

  • 年収約400万円前後
  • 月収約33万円

年齢別に考えると、20代は平均年収300万円前後、30代は400万円前後、40代は500万円前後、50代は570万円前後となっています。

年齢が上がるにつれてスキルも上がるので、それだけ年収も増えていきますが、50代をピークに年収は落ちていきます。

もちろん60代でも整形外科外来看護師として働いておられる方も多くおられますが、私が勤めていた病院でも、65歳を過ぎるとパートタイムに切り替わり、同じ時間働いても、給料は落ち、ボーナスもなくなったと言っていました。

もちろん、学歴や働いている年数、保有している資格(正看護師か准看護師か)、都道府県によっても給料が若干違ってきます。上記はあくまで私の経験による例です。

パート(非常勤)整形外科外来看護師の給料例

  • 時給1200円から1500円

非常勤の場合、常勤に比べると給料や福利厚生の条件、賞与の有無が勤務先によってかなり違ってきて、職場により様々です。

私が勤めていた病院では、私が夫の扶養に入っていたので福利厚生はありませんでしたが、一年に一度、常勤ほどはないですが少額の賞与をいただきました。

また、先生のおごりで高級料理を職員で食べに行ったり、旅行に連れて行ってもらったり、ということもありました。

さらに、多くの病院がそうであると思いますが、勤めている職員とその家族は医療費がタダになるという特典もあり、とても助かりました。

整形外科外来関係なく、看護師として復職してよかったと思えた大きなポイントです。

整形外科外来に向いている人、向いていない人

何科に勤務するか選ぶ際には、自分が向いているのかどうか、というのはとても気になり不安に思います。

私も求人を見に行って、たまたま整形外科に空きがあったので飛び込みましたが、当初整形外科の経験はなかったのでとても不安でした

ここでは、私が数年の経験で、未経験でもこういう人なら整形外科外来に向いていると思う人、あるいは向いていない人を紹介させていただきたく思います。

整形外科外来看護師に向いている人の特徴

コミュニケーション能力が高い、あるいは好きな人

小さな子供から若い人、高齢の方に至るまで、年齢層がとにかく幅広いので、誰とでも話しやすい人、会話しても苦にならないことは大切です。

小さな子供が怪我をして処置が必要な場合、時には泣き叫ぶのを上手にあやしたり、なだめたりすることが必要です。

高齢の方であれば、痛みによる不安に寄り添うことも大切です。注射の時などに話を聞いて、生活上のアドバイスも時にはしていきます。

流れ作業、忙しい中でも、迅速に動ける人

一連の作業を効率よく迅速に行えることが大切です。

忙しいくらいの方がいいという人の方が向いています

処置の器具出しやシーネやギプス巻きなども素早く行えることも求められます。

体力に自信がある人

腰や骨盤を痛めてきた人は歩けなくて介助が必要になる場合があります。

レントゲンの時などに、体を支えてあげなければならない時もあるので、体力も求められます。

血液や大きな外傷を見ても平気な人

大きな事故で来られる人の中には、指が切断された人や、深い傷で出血がひどい方などがいます。

看護師は処置をする時にそれを見ても平気でなければ仕事になりません。

整形外科外来看護師があまり向いてない人

コミュニケーションが苦手

特定の年齢層は苦手(子供は嫌いとかお年寄りの相手はできない)という人は向いていないかもしれません。

忙しいのは苦手

ゆっくりと作業する方が向いている人、段取りが苦手で指示されたことだけやりたいという人には向いていないかもしれません。

体力に自信がない

体力がなかったり、自分自身が腰や肩など痛めている人は悪化するかもしれないのでやめたほうがいいかもしれません。

血液を見れない

看護師だから大丈夫と思っていても、あまりに深い傷を見ると気分が悪くなる場合があります。

患者さんが多くない時はいいのですが、患者さんが多くて手が回らない時は、他の看護師も変わってあげられないので、向いていないかもしれません。

注射に自信がない

整形外科というと注射はあまりないという印象かもしれませんが、私の勤めていた病院では、ほとんどの患者さんに採血や痛み止めや化膿止めのの注射が行われていました。

ですから、注射に自信がないと困ると思います。

器具が覚えられない

医師の処置の補助の時、必要な医療器具を覚えてすぐに手渡すことが必要になってきます。

たくさんある器具の名前を覚えられないと仕事になりません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

整形外科外来の看護業務内容や、給料の相場、向いている人、向いていない人について考えました。

これから転職をお考えの方は是非参考にしてみてください。

合わせて読まれている記事