公開日:

看護師の海外留学は、医師の海外留学ほど一般的ではありません。

しかし、医療がグローバル化する現代社会で、海外留学経験のある看護師は重宝されています

この記事では、海外留学経験のある看護師が、経験を生かして働ける職場について解説していきたいと思います。

看護師の海外留学について興味がある看護師さん、海外留学の経験を生かせるのか不安な看護師さん、ぜひ参考にしてください。

日本の看護師が海外留学する方法は

日本の看護師が海外留学する場合、職場の推薦や支援はほとんど期待できないようです。

一定期間働いて貯金をして、任意で海外留学するケースがほとんどです。看護師の海外留学をサポートする専門業者もあるようです。

アメリカを例に挙げて解説していきましょう。

アメリカで公的に働けるようになるには、Nclexという日本の看護師国家試験に当たる試験に合格する必要があります。海外留学し医療英語を身に着けたからといって、試験を受けられる訳ではありません。英語力を証明する書類などを揃え、国家試験受験資格(Authorization to Test)を取得する必要があります

アメリカに限らず、海外留学経験=海外で働ける、とは結び付きにくいのが現状です。

ここからは、日本の看護師が海外留学経験を生かして勤務できる環境について解説していきます。

看護師が都市圏で、外国人専門病院で勤務する

都市圏では、海外出張、長期滞在、留学、観光で日本に滞在する外国の方がたくさんいます。案内から診察まで、英語、フランス語、中国語、韓国語で対応できる外国人専門のクリニック外国人専門病院があります。

受付や問診の段階から外国語での対応が必要なってきますので、医師や受付スタッフ、コメディカル全員がグローバルな対応を求められます。海外留学がある看護師は、言葉だけでは無く、外国の生活習慣や考え方を理解した上でコミュニケーションを取ることができるため、重宝されます

外国の方にも安心して日本の医療を受けて頂くために、海外留学経験が生きてきます。

看護師が医療通訳者として勤務する

医療通訳は、「医療通訳技能認定試験」に合格する必要があります。これは、看護師資格とは別の資格ですので、海外留学経験をベースにして更なる勉強が必要となってきます。

しかし、基本の医療知識が無い人が医療通訳を目指すより、看護師が医療通訳を目指す方が近道であることは明らかです。資格取得に努力が必要ですが、看護師としての医療知識と、英語力を組み合わせて充実した仕事が出来るかもしれません。医療通訳が活躍する場は、病院だけとは限らず、大学病院、研究機関、出版社など多岐にわたります。

看護技術を発揮して、患者さんの看護をするより、英語力を生かしたい看護師さんに向いているお仕事かもしれません。

看護師が大手テーマパークで勤務する

海外留学経験を生かして働ける意外な場所は、テーマパークです。

テーマパークは、海外からの観光客が多く訪れます。急病やトラブルに的確に対応するため、救護室に看護師が常駐しています

  • 日本人、外国人の客様両方に対応する必要があります
  • 救護室で一定時間休憩し、症状が改善すれば帰って頂いて良いのか
  • すぐに救急車を呼ぶべきなのか。警察への連絡が必要か

お客様のお話を聞き、身体状況をアセスメントしたうえで、的確に判断しなければなりません。

看護師の海外留学経験は、テーマパークでの勤務に役立つと言えるでしょう。

テーマパークの看護師求人は、多くありません。テーマパークで働きたい夢がある方は、ネット情報を常にチェックしておきましょう。

看護師の海外留学経験は、普通の病院で活かせるのか

海外留学経験は、普通の病院で活かせるのでしょうか?

残念ながら、外国人の患者さんに対応する機会があれば生かせますが、それ以外の業務では生かす機会は多くないようです。

アメリカなどの先進国で公的な看護師資格を取得できた場合は別ですが、ほとんどの場合看護師の海外留学はキャリアと認識されません

任意の海外留学のため、退職した場合は「ワーキングホリデーで遊びに行っていたのね」「仕事にブランクがあるのね」と思われてしまうこともあります。

海外留学経験は、見識を深める大変貴重な機会です。海外留学から帰って、日本で再就職する場合は、何を学んできたのかをきちんと伝え、理解してらえるよう努力が必要になります。

看護研究や論文作成には、英語力とデータ統計処理能力が求められますので、海外留学経験で培った英語力はかなり役に立つと言えるでしょう。何よりも、日本語ができない外国の方の力になれることは、嬉しいことです。

海外留学看護師を訪ねて感じたこと

看護師同期の友人は、30代でアメリカに海外留学していました。

アメリカの地方都市で、1年間の看護海外留学で、ホームステイしながら地元の病院で実習中の友人を訪ねたことがあります。彼女は海外留学することを目標に、お金を貯めながら英語の勉強を続けていたため、海外留学の夢が叶ったことをとても喜んでいました。

友人を訪れた私も、病院見学をさせてもらいました。ドクター、コメディカルのカンファレンスでも、しっかり内容を理解している友人をスゴいなあ、と感心ながら見学していました。

海外留学生同士、ホームステイ先のご家族との交流など、英語でのコミュニケーションで語学力はほとんどネイティブに近い位向上したそうです。また、アメリカの最先端医療に触れることで、日本の看護の問題点が明確になった、と話してくれました。

その後、彼女は日本に帰国し、医療通訳を目指しながら、外国人利用者が多い病院で働いています。海外留学経験は看護師としての目標設定に大きな影響を与えた様です。

さいごに

看護師の海外留学経験を日本の職場でどう生かすか、について考えてみました。参考にして頂けましたか?

海外留学するために、仕事を退職したり、お金を貯めることも必要になってきますが、海外留学の経験は、自分の看護を考え直す良いきっかけになると思います。

今後、一般病院でも外国の方を受け入れる機会はますます増えてくることでしょう。海外留学経験を生かして、しっかりコミュニケーションをとれる看護師が増えてくることを期待します