稼げる?疲れる?夜勤専従の看護師のメリット・デメリット

自分の働き方に悩みを持つ看護師は多くいるかと思います。

仕事とプライベートのバランス=ワークライフバランスを考えると今の自分の状況は希望通りでしょうか。

  • 日勤と夜勤の混在した忙しい生活を送る方
  • 子育てで出費が多くなり収入に悩む
  • 日勤のややこしい人間関係に疲れた

悩みを抱えながらの仕事はストレスにつながりますよね。

今回は、そうしたストレスを回避しつつ、看護師資格を生かした働き方を目指す方に、夜勤専従のご紹介です。

希望する働き方や仕事環境にマッチしているのか、また、収入の差やデメリットな面とどう向き合うのかをまとめました。

夜勤専従は収入とプライベートを確保できる!?

夜勤

まずは夜勤専従の収入面とプライベート時間からみてみましょう。

どのような仕事をしていても、収入は多い方がうれしいものですが、プライベートなしのオーバーワークではうれしくないですよね。

プライベートと言っても、千差万別ですので代表する3つのタイプ別で例を挙げていきましょう。

【タイプ1:時間も収入もほしい子育て中の方】

子育てママナース日勤夜勤が混合した勤務形態とは異なり、働く時間帯は安定します。

更に、夜勤明けにはかならず24時間休日となるの、子どもとのかかわりを持つ時間をしっかり持つことが可能です。

そして、勤務時間が安定することは変わりない日勤常勤とは異なり、家計や子育て費用を支える収入を多く得られます

このようなメリットがあり、子どもを預けられる環境(託児所完備の病院などでの夜勤専従など)があれば可能となる働き方なのです。

【タイプ2:趣味に時間とお金をかけたい方】

例えば、趣味が旅行であれば長期間の休みは必要ですよね。

もちろん、そのような趣味に費やすお金も必要です。

そうなると、まとめて働いた代わりのまとまった休みや、多額の収入は、独身生活を充実させ、今後の蓄えまでもフォローできる働き方と言えるでしょう。

【タイプ3:仕事をしつつ、勉強に集中したい方】

学位の取得実際に、専門学校卒の方が学士を取得するための学習時間を確保するために、夜勤専従を選ぶ場合があります。

専門書にお金をかけることも可能ですし、しっかりした休みがあることで日中の研修会などへの参加がしやすくなります。

学士でなくとも、看護師以外の資格がほしいという方にも合いそうですね。

 

これら3つのタイプの目的をもって働く看護師は多く、夜勤専従は自分の理想を実現できる働き方と言えるでしょう。

夜勤専従は心に負担のかからない働き方

次に、心に負担がかからない夜勤専従の仕事環境を3つのポイントに分けておさえていきましょう。

なぜ心に負担がかからないかも分かるかと思います。

【ポイント1:自分ペースで仕事ができる】

看護師業務は、人数が多いほど、仕事量は分散され負担が軽くなる反面、連携が最重要となります。

夜勤専従では、大人数との連携はする必要はありません。

自分がやらないと誰も助けてくれない厳しい面もありますが、むしろ他人を気にせず自分のペースで仕事ができると捉えることができます。

【ポイント2:過重な責務からの回避】

夜勤だけのが気楽日勤があると委員会活動をする必要が出てきたり、経験年数が長引くとともに役職を任される日がきたりするかもしれません。

昇格は給料が上がりますが、それまで以上に組織人としての責任を負うことになります。

役職の仕事や委員会活動に伴って、仕事量が増え、プライベートの時間が減ることがあります。

過重な責務を負担して心を病むことを避けたい方には、夜勤専従は気楽な働き方と言えるでしょう。

【ポイント3:人間関係で悩みが少ない】

人間関係が限界!患者に対しては、人間関係を程よく保つスキルをもつ方が多いですが、同僚に対しては、そのスキルがうまく作動しない場合もありますよね。

プライベートな領域に踏み込まれることに抵抗がある方、日勤で苦しい思いをしていませんか。

多くの人と関係性を頑張って保つ必要はなく、看護業務をする上で必要最低限の関係性を保てばよいのは、夜勤専従だからこそ、でしょう。

気になる“夜勤専従の収入の差”とは?

それでは、気になる給料面の様々な“差”を場所は東京都、経験年数は5年以下を例にして説明します。

【常勤看護師の平均年収の“差”】

日勤のみが約400万円に対し、夜勤が入ると大きく収入が上がります。

日勤+夜勤(月4回)で、約480万円、多くの看護師がこの働き方で安定した収入を得ていますよね。

夜勤専従はさらに上がり、月9回の勤務で約520万円得られるようです。

税金でひかれる額が多くなる看護師の収入ですが、500万円を超えていると余裕をもった暮らしができそうですね。

【非常勤の雇用形態間の“差”】

非常勤は時給換算でみます。

日勤のみで1,900円日勤+夜勤で2,000円と、他の業種より高い時給が発生しています。

これより上回るのが夜勤専従の2,500円です。

夜勤1回あたりでみると、2交代制では30,500円、3交代制では準夜勤が18,000円、深夜勤が23,000円くらいの収入が見込めます。

【施設別の夜勤1回あたりの“差”】

様々な施設で夜勤専従の活躍の場があります。

大学病院やクリニック、療養型病院、介護施設では相場が3万円を超える施設が多いようです。

精神病院は26.700円と少し下がる傾向があります。

夜勤専従と言っても、自分のスキルを活かせる施設ごとに収入の差がある可能性があるので、参考にしてみてください。

常勤夜勤専従と非常勤夜勤専従の違いとは?

先ほど、夜勤専従の収入の説明で常勤と非常勤で分けて説明していましたが、それぞれの違いやメリット、デメリットについても軽くおさえていきますね。

【給料形態の違い】

常勤では、基本給とは別に、定額の「夜勤手当」がつきます。

また、22時~5時の間に勤務した場合、対象給与額の25%相当の割増賃金を上乗せ支給されます。(労働基準法の定めにより)

非常勤では、「夜勤1回につき○○円」となっていることが一般的で、時給や日給換算して支払われます。

その際、臨床経験年数、資格によって給与が変わることもあります。

また、月の夜勤回数や、夜勤時の手術の有り無しで時給が変動する病院もあります。

【常勤のメリット・デメリット】

メリットは、給料面で、賞与や各種手当がつくことです。

また、福利厚生が整っていて、託児施設を利用することも可能な施設もあります。

デメリットとしては、夜勤専従を常勤で雇用する施設は少ないので、求人探しが困難となる点でしょう。

そして、常勤ではあるので、ある程度の組織人としての責任や、夜勤ばかりで体調を崩す危険性は伴います。

【非常勤のメリット・デメリット】

メリットは、働く時間数を少なく済ませることが可能なので、体への負担が少ないことや、辞めやすいことです。

夜勤専従の様子をみたい方や、短期間の雇用で人間関係に悩まず気楽に働きたい方、あるいは家族の転勤で長期間働けない方にとって、非常勤は働きやすいと言えます。

デメリットとしては、病院側が必要な時しか働けないので、給与が低くなることが挙げられます。

そして、少ない勤務時間によって雇用保険の加入にも影響が出ます。

雇用保険は週20時間以上、社会保険は週30時間以上が、加入できるボーダーラインのため、働ける時間によっては国民保険に加入する必要性が出てきます

以上のように、常勤と非常勤の違いをおさえて、自分のライフスタイルに合った働き方を決めていくことも重要ですね。

夜勤専従という働き方を決める際の注意点

夜勤専従がいかにワークライフバランスをとれるか、を中心に紹介しましたが、その働き方を違う視点でも見てみましょう。

経験が浅いことが浮き彫りになる

経験が浅いと緊急の対応ができないので“仕事のできない看護師”として雇用継続してくれない可能性があります。

また、浅い経験では夜勤に恐怖を覚えるので仕事になりません。

自分のスキルをよく理解しておき、どのような仕事が求められるのか(CPR・DNRが起きる割合、不穏患者の割合などの実情)きちんと面接などで情報収集することが必要です。

ハードな仕事量

働く時間帯を固められるのはメリットとして説明済みですが、それは反面で、長時間労働による過労を引き起こす可能性が大きいという意味です。

タフな心と体をもってしても、いつかはガタがくる可能性も考えて、高給につられず、入院患者・入所者の年齢層、人数、疾患の種類を把握し選ぶのが得策でしょう。

自己判断への責任・負担が大きい

すでに経験を積んでいる看護師が夜勤専従として働く場合が多いので、各々の判断や方法に任せがちな業務内容であることがあり得ます。

それは自分のペースで仕事をできる反面、職場のルールを自分で把握しにいかないと、わからないことが多いということでもあります。

しかし、マニュアル化がされていないと、教えてくれる人ごとに違うことがあります。

また、多くの知らないことを抱えて不安なまま仕事をする、という夜勤の責任に不要な負担が上乗せされます。

そうした負担が少なくなるよう、マニュアルが整っていて、事前に職場のルールを把握できるところを選ぶことが必要です。

ただ、こういったことを事前に知るには、個人ベースでの転職活動や面接時の質問ではなかなか追求できないところですよね。面接官の言うことが事実かどうかは確認できません。

そういった場合は、看護師転職サービスを利用し、コンサルタントに質問を代行してもらうとかなり情報収集できます。

たとえばコンサルタントの人脈は、過去に夜勤専従の仕事を紹介した看護師からのフィードバックを参考に実情を知ることができるため、面接官に質問するよりリアルな情報を得ることができます。

実際にそれを体験した看護師の話も紹介されていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

すこし話がそれましたが、以上のように、夜勤専従の過酷な働き方も承知しておくことは必要です。

ライフスタイルや性格に合っているのかを熟慮し、無茶な働き方を強いられない施設を吟味することで、デメリットな面を乗り越えられる情報は大切にしましょう。

おわりに

今回は夜勤専従について、ご紹介しました。

夜勤専従は効率よく収入を得られ、プライベートの時間や人間関係の気楽さを確保できるという良い面をもっています。

一方、長時間拘束される勤務時間や、夜勤ならではのプレッシャーはあり、心身ともに健康にいられる保証はありません。

あくまでも、「夜勤が好き」「日勤は働きづらい」と考える気持ちがベースである上で、転職を考えることが重要です。

高収入だから・・・と安易に決断をすると、「健康はお金では買えない」現実に後悔する日がくるかもしれません。

デメリットな面も頭の中に入れて、夜勤専従という働き方を選択することが大切でしょう。

情報収集のひとつの情報として、今回の紹介がお役に立てれば幸いです。

合わせて読みたいコラム