公開日:
カテゴリー:看護師ゴシップ記事

看護師の皆さん、シフトに関する不満はありませんか?

  • 休み希望は早く出せ、って言うくせになかなかシフトを出してくれない。
  • 遊びや習い事の予定を入れたいのに、シフトが出ず困っている。
  • シフト作成しかやってないように見える師長、どうなっているの?

この記事では、看護師長の目線で「シフト作成が遅くなってしまう理由」を公開したいと思います。

シフトの遅さが不満の看護師さん、ぜひ参考にしてみて下さい。

シフトに関するナルホド!!な発見があるかもしれません。

勤務表はいつまでに出して欲しい?スタッフの本音は?

シフトはいつまでに出してもらうのが理想でしょうか?

まず、「シフトが遅い」とよく声を聞きますが、実際はそういった声だけではありません。

毎月1日~月末のシフトが出される場合を考えてみましょう。

私は独自に、30人ぐらいのスタッフ看護師にアンケートしてみました。

前月15日位 10%
前月20日位 40%
前月25日位 25%
いつでもいい 25%

この時は、「シフトの発表はいつでもいい、こだわらない」という看護師が25%に上ったのは意外な結果でした。

例えば、前月29日、とか31日でも良いの?と聞いてみると「早いに越したことはないけれど、こだわらない」ということでした。

しかし、それには条件があるようです。「勤務希望を100%通してくれるなら」という条件です。

なるほど、自分の休み希望や、夜勤したい日などの希望が完全に叶うなら、シフト発表が遅くなっても問題ない、という訳ですね。

シフトは早く出るより希望が通るかが重要

シフト発表は、早ければ早いほどいい、という訳でも無いようです。

シフト発表が早ければ、プライベートな予定が立てやすく、得なのでは?と思いましたが、「前月15日位が良い」と答えた看護師は15%にとどまりました。

その理由を聞いてみたところ「その分、希望の締め切りが速いので困る」「いったん発表されたシフトを変更される危険が高い」という声が聞かれました。

看護師の声を総合すると「希望を100%叶えてくれるなら、シフト発表は遅くても我慢する。シフトを無理して早く出して、後で変更されるのは嫌だ」ということになりますね。

最悪なのは「希望の締め切りが速いわりにシフトの発表が遅い、発表した後にコロコロ変更される」ことの様です。

共演NG看護師の組み合わせが看護師長を悩ます

看護師の勤務は「組み合わせNG」が存在します。

組み合わせNG①夜勤は准看護師のみ、新人のみにはできない

2人夜勤、2人日勤体制の場合、准看護師同士のシフトは組めません

正看護師同士か、どちらか1人正看護師を配置する義務があります。

ベテランが准看護師、新人が正看護師であってもOKです。

准看護師が多い病棟は、組み合わせを考えるのに苦労します。

組み合わせNG②看護師同士の仲が悪く共演NG

看護師〇〇さんと□□さんは大変仲が悪く、何度も怒鳴り合いのケンカをして、無視しあっていたり、互いに「絶対に一緒に夜勤はしたくない」と言い切っている場合。

さらに〇〇さん、□□さんと3人で一緒の勤務になった看護師は、板挟み状態で辛い思いをさせられると訴えています。

組み合わせNG③看護師同士のスキルが問題

看護師としての知識はしっかりしているけど、ものすごく点滴・採血が下手な△△さん。

経験豊富で点滴・採血が得意な看護師とのペアでしか夜勤が組めない、△△さんとの夜勤ペアが多い看護師は「点滴・採血ばかりやらされる」と不満を漏らしています

 

このように、職種・相性・スキルによって、共演NGの組み合わせはたくさんあります。

それぞれのスタッフ看護師は、自分の事情だけを考えていればいいのですが、シフト作成する看護師長は大変なのです。

共演NGは、シフト作成に時間がかかる原因の一つです。

シフトはできているのに、看護部長の承認が遅い

看護リーダー休み希望の締め切りは、前月の10日~13日くらいに設定されていることが多いと思います。

スタッフ看護師の休み希望を10日に締め切ったとしましょう。

シフト作成を全力で頑張っても、4~5日位はかかります。

所属長が作成したシフトを、看護部長に提出し、承認を受けるまで、更に数日かかります

大きな病院だと、さらに人事部長、院長の承認を得なければならず、更に数日かかります

結局、スタッフ看護師にシフトを発表出来るのが、25日以降になってしまう・・・なんてことも少なくありません。

看護師長のシフト作成が完了していても、承認待ちで時間がかかり、遅くなってしまいます。

新人看護師長の場合、看護部長のチェックが厳しく、作り直しを命じられることもあります。

スタッフ看護師の皆さん、看護師長にも怖―い上司がいて、作成したシフトにダメ出しされることもあるのですよ。

シフト作成を遅らせる、困ったスタッフ看護師とは

休み希望の締め切りは毎月12日!希望休みは月3回まで!という風に決まっている職場が多いでしょう。

しかし、オフィシャルに締め切った後で、看護師長にこっそりと無理な希望を伝えてくるスタッフ看護師が居るのを知っていますか?

具体的な内容は、

  • 「子供の授業参観が入ってしまって、休みたい日が増えた
  • 「病院受診の予約がこの日しか取れそうにないので、この日は夜勤明けにして
  • 「先月、夜勤が少なくて給料が足りない。今月は〇回以上夜勤が無いと経済的に困る

希望締め切り後に、こっそり希望を言ってくる看護師は、断りづらい家庭の事情や病院受診を理由にしてくることがほとんどです。

人を疑うのは良くありませんが、理由の真偽を確かめることは出来ません。

無理な希望をこっそり伝えて、看護師長に直接交渉してくる看護師は、休み希望を人より多く入れていることを、他のスタッフに知られたくない様です。仕事がやりにくくなるからです。

完成しかけていたシフトでも、一からやり直す羽目になり、発表がどんどん遅くなってしまいます。

ダブルワーク看護師が所属する部署のシフトは作りにくい

手術室他施設でダブルワークしている看護師が所属している部署のシフト作りは大変です。

特に、他施設を本業とし、バイトでダブルワークしている看護師が所属しているケースです。

ダブルワーク看護師は「本業のシフトが出てから、勤務できる日を言います」とか「他の仕事との調整があるので、締め切りまでに勤務希望が出せない」ということがあるからです。

国公立系の病院などは正社員看護師だけで、メンバー構成されているため、ダブルワーク看護師と働く機会はないでしょう。

しかし、クリニックや中小規模の病院は、ダブルワーク看護師も重要な戦力になっています。

「こちらの勤務を優先してもらえないなら、辞めてください」という訳にはいかないのが実情です。

採用時に、本業の勤務を優先する、という条件で入職している場合もあります。

スタッフ看護師からの不満として、

  • 「ダブルワーク看護師の勤務希望を待っているのはおかしい
  • 自分たちの勤務希望を優先するべきではないか」
  • 「ダブルワーク看護師のせいでシフトの発表が遅くなるのは嫌だ

どの意見も、ごもっともです。

でも、常勤看護師だけでは勤務を組む事ができない、ダブルワーク看護師の労力に頼らざるを得ない、人員不足の状況も分かって欲しいのが師長の本音です。

師長の本音、みんなが譲り合ってくれたらシフト作成は早い

看護師長は、他のスタッフの都合をお構いなしに、重複して休み希望をグイグイ入れてくるスタッフ看護師に頭を悩ませています。

事前相談なく、旅行を予約し長期の休み希望をいれるなど、もっての外です。

本人に一言もなく、休み希望を却下すると「差別だ!」「パワハラだ!」「人権侵害だ!」と大騒ぎになってしまうこともあります。

そのため、看護師長は看護師一人一人の事情を聴いて、休み希望が重ならないようずらしてもらえないか、交渉することになります。この交渉に時間がかかるのです。

交渉は、公平性をもってあたらなければ「子持ちだけが優遇されて、不公平だ」とか、「普段休み希望を出さないようにしているのに、たまにだした希望も聞いてくれないとかヒドイ」と逆に、不満に油を注ぐ結果になってしまいます。

看護師長の本音は「休み希望を出す段階で、みんなで譲り合ってよ!」です。

休み希望が重複しさえしなければ、お互い事前交渉してくれれば、どんなにスムーズにシフト作成できることか!と思ってしまいます。

スタッフ看護師の勤務調整は、師長の仕事でしょ!と言われてしまえば元も子もありませんが、調整は大変です。

シフト発表が遅くなる原因、まとめ

いかがでしたか?看護師のシフト発表が遅くなる原因をまとめてみました。

  • 組み合わせNGの看護師が多い
  • みんなの休み希望を締め切った後で、師長にこっそり無理なお願いをしてくる看護師がいる
  • 看護部長のシフト承認が遅い
  • 非常勤、ダブルワークの看護師が多く勤務希望提出自体が遅い
  • 看護師が休み希望を譲り合わず、調整に時間がかかる

全員の休み希望をなるべく叶え、早くシフトを完成させるのは大変難しい様です。

シフト作成は、師長の腕の見せ所といえますね。