公開日:
カテゴリー:なし

新人看護師のみなさん。正直、毎日大変なことと思います。

  • 1年も経ってないけどもう辞めたい!
  • 毎日大変すぎてわけわかんない、「うつ」かもしんない
  • 職場がひどい(と思う)もう転職したい
  • ストレスが青天井にたまる

「辞めたい」「うつかも」「転職したい」「ストレスたまる」・・・似たような言葉で意図するものも近いですが、解決策はそれぞれ違います。

このページでは4つの漠然とした悩みから、新人看護師がとるべき解決策を考えていきたいと思います。

とある新人看護師の経験した辛い話

まずはじめに、ひとつの体験談を紹介させてください。

この記事には新人看護師さんが実際に体験した一番辛かったことが語られています。

さて何が一番つらかったかと言えば、ネタばれをしてしまいますが、それは上記の「辞めたい」「うつかも」「転職したい」「ストレスたまる」・・・いずれでもありません。

そう、それは看護師ならいつかは経験するであろう、喪失体験です。

この記事では語られていませんが、この新人さんに「辞めたい」「うつかも」「転職したい」「ストレスたまる」といった悩みがなかったはずはありません。

当然みなさんと同じようにあったはずです。

しかし、それを超える辛い経験と、その前後の経緯が彼女の大きな成長につながることになったようです。

詳しくはぜひ記事を読んでみてください。

初めての喪失体験は、新人看護師にとって大きなストレスになったことでしょう。

私も幾度となく経験していますが、最初はショックだったことを覚えています。

看護師には、新人でなくともいろいろな悩みが付きまといます。

ただ、それらの多くはあくまでも自分や人との相性により生じるものであって、その悩みは解決することができます

しかし「人の死」は避けられません。

いろいろなケースで「死」と向かい合わなければならない看護師には、ある意味でも避けようのない最も大きいストレスかもしれません。

・・・というわけで、気を取り直して、ここからは新人看護師の解決できるお悩み相談本編になります。

新人看護師の悩み「1年も経ってないけどもう辞めたい!」編

なんで?

何を辞めたいか?

辞めたい

この言葉には主語がありません。

新人看護師ならだれもが一度は思いつめ、口からこぼれてしまいそうな言葉ですが、明日も頑張るため”何を辞めたいか”をハッキリさせてみましょう。

よく「なんで辞めたいか」を考えるサイトさんがありますがその前に「何を」があります。

つまり、「看護師という職」か「現在の職場」かです。

少しの時間読むのを止めてじっくり整理してお考え下さい。

看護師という職を辞めたい

自分はこっちだっていう人、さらに細かく伺います。

「思ってたこと・やりたいことと違う」or「よくわからないけど私には向いてないと思った」

どっちでしょう?

まず「思ってたこと・やりたいことと違う」の人から。

思ってたこと・やりたいことと違うから辞めたい

「思ってたこと・やりたいことと違う」というからには看護師としてやりたい事や将来ビジョンはあるということ。

しかし新人看護師として配属された診療科の業務が自分のやりたい事とは違う・・・これはストレスですね。

あなたに必要なものはお金と時間です。

向上心があり将来ビジョンがすでにある程度完成しているあなたには、素直にそっちの道へ進学されることをオススメします。

つまり大学や大学院などです。

それにはまとまったお金と時間が必要であり、それが貯めるまでは、今の職場でがんばる方が良いでしょう。

どのくらい頑張ればいいかというと、夜勤ができるようになるまで!

そして夜勤ができるようになってからは「夜勤専従」という働き方にチェンジするのがオススメです。

今の職場でお金が貯められない、時間がもったいないという方もいるでしょう。

焦ってもっといいところに転職しようとしても、経験不足でうまくいきません。

加えて本当に進学を考えるなら都市部への上京が必要です。

1人暮らしとなればさらにお金がかかってきますよね?

それらの悩みをまとめて解決してくれる働き方が「夜勤専従」といえます。

日中は勉強に使い、月10回程度の夜勤をこなせば最大500万近い年収を確保することができるからです。

進学費にもなり時間を作ることもでき、目標に向かって日々努力に打ち込める充実した毎日を送ることができるでしょう。

何度も言いますが、夜勤ができるようになるまでは頑張ってくださいね、これは進学せずとも、です!

よくわからないけど私には向いてないと思ったから辞めたい

涙目ナース続いて後者の「よくわからないけど私には向いてないと思った」方ですが、基本的”辞めることそのものが時期早々“でしょう。

新人看護師に限らず、人は1つの仕事が向いているか向いていないかを1年未満では判別できません。

「何となく」で判断して看護師を辞めてしまうのは、せっかく苦労して取得した看護師資格が泣きます。

さらに看護師の場合は診療科や職場(クリニック・大学病院・訪問看護など)によりかなり業務内容に差があります。

病棟は向いてなかった、だからといって看護師が向いていないとは限りませんよ。

お年寄りは苦手でも子供や赤ちゃんは得意という人もいれば、逆もまた然り。

好きなことを明確にして、「そっちのキャリアを身に着けたい」という強く前向きな姿勢をもって、人事部や上司に異動の相談をしてみてはいかがでしょうか?

このプロレスを経てダメだったら辞める(転職して別の職場でチャンスを探す)という流れにしておかないと、ただイヤで辞めた人になってしまいます。

この「ただ辞めたいだけで何の見通しもない人」だと上司としても、本人のことを考え引き留めようとするでしょう。

上司はよかれと思って引き留めています。

辞めたいあなたにプランがないため心配なのです。

ただ、新人時代の転職は簡単ではありません

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

いろいろ考えてどうしても看護師を辞めたいのであれば、看護師資格を活かした民間の仕事もありますよ。

現在の職場を辞めたい

「辞めたい!」「転職したい!」をいう新人看護師のうち、現在の職場を変えたいと考える人は多いです。

理由は簡単で、同僚の人間関係がよくなかったり、職場環境が明らかに劣悪だからです。

人間関係についてはどこの職場でも起こりうる問題ですので、今回は割愛します。

そもそも人間関係がこじれる原因も職場環境に本質があることが多いので、こちらをメインに説明しますね。

突然ですが、こんな状況ではありませんか?

「職場が給料も安く人間関係も悪いけど、お礼奉公で辞められない!!

お礼奉公とは、病院からお金を借りて看護学校で勉強し看護師資格が取得できる代わりに、看護師になってからは数年(だいたい3年前後)はその病院で働かなければいけないという制度です。

その病院で働けば借りたお金を免除されるため、実質お金はかからずに看護師になれる制度のため、この制度を利用する人は大変多いと思います。

しかし、お礼奉公で奨学生を確保しなければ病院の人手が確保できない病院は、職場環境に問題があることが多いのです。

奨学生の看護師は、「お礼奉公が終わってないから辞めたくても辞められない」こう思っている人が多いです。

職場が働きづらい環境になってもちょっとくらいは我慢してくれるから、病院は改善をおろそかになりがちです。

  • 休みが少ない
  • 人間関係が悪い
  • 給料が安い

などですね。

この悩みは「職場を辞めたい!けど、辞められないのではないか?」と勝手に決めてストレスをため込んでしまっているパターンです。

結論、そんな病院は辞めてOKです。

職業選択の自由があるので、退職することは法的には何ら問題がありません。

お金の問題はしっかり別のところに借り換えるなりして返済しないといけませんけどね。

それでも、思い切ってお金を借り変えよりよい職場を手に転職できた人は多くいます

このことを思い切って転職サービスのコンサルタントに相談してみましょう!

職場にしばられてストレスをため込むと何もかもが面白くなくなります。

私も現在転職して人間関係が良く休みがしっかりとれる職場で働いていますが、最初の職場は正直異常でした。

今では定時に帰れますし、長期休暇を取って海外にもいけるようになったので、大変満足しています。

ただし、転職さえすればいいわけではなく、自分と職場のマッチング(=運)は必要だと思います。

実際にいくつかの職場に面接にいき、いろいろ見てみないとわかりませんね。

その時、面接以外にも転職サービスのコンサルタントに職場情報を客観的にもらえることは大きな強みになりますよ。

新人看護師がよく参考にする記事

新人看護師の悩みに関する記事一覧