「助産師」の求人サイト

助産師の歴史は長く、戦前までは「産婆(さんば)」と呼ばれ、1899年に「産婆規則および産婆名簿登録規則」が発布され、1948年に「助産婦(じょさんぷ)」に改称され、2002年に初めて「助産師(じょさんし)」へと改称されました。
また、助産師は国家資格としては珍しく女性のみが取得できる資格となっています。性別によって職種名・資格名を区別することのないよう助産婦から助産師へと改称される過程において、男性も助産師の資格取得を可能とする動きもありましたが、男性による分娩は生理的に嫌悪される女性も少なくないため、多くの意見がありましたが、現在の日本では男性の助産師資格の取得は見送られることとなりました。
助産師の資格取得には看護師免許を取得していることが前提となっており、看護師免許の取得後に「助産師専門学校」「助産課程を有する大学院」「助産専門職大学院、助産学専攻科への進学」などの方法から1年間(2年間)の教育を受け卒業(修了)後に、助産師国家試験の受験することで資格を取得できます。
主なお仕事の内容としては、新生児の妊産婦をケアすることであり、出産の立ち合いと赤ん坊を取り上げまでの仕事ではありません。妊産婦の食事指導に始まり運動指導や健康管理から、産後の母乳の与え方や乳幼児の扱い方、母体の体調管理など出産~育児に至るまで実に幅広く、母子ともに健康を管理することが助産師の役割です。
また、助産師の資格を持っていれば正常分娩の場合には医師の指示を得ずとも自らの判断のもとに助産介助を行うことができます。そのため、病院での勤務だけに限らず、自宅でも助産所(助産院)として開業することも可能であるという特徴があります。助産師の活躍の場は本来であれば出産(分娩介助)ですが、徐々にその機会は減少していますが、現在は妊産婦の健康診断や食事指導などを行う助産師外来が主流化しており、若い方への産後のケア方法や家族計画、さらには性教育指導までトータルな助言を行う役割として助産師の需要が高まっています。まずは当サイトでご紹介している各・看護師求人サイトから「助産師」の求人を掲載しているサイトに無料登録することで希望に合った職場をお探しになってみてはいかがでしょうか。

 

検索結果

全部で36件見つかりました。
1件目から10件目まで表示

  

サイト名総評オススメ度信頼性サービス検索機能使いやすさ口コミ評価
助産師のスクリーンショットナースジェイジェイ(NurseJJ)総評: 92.00オススメ度: 20/20点信頼性: 12/20点サービス: 20/20点検索機能: 20/20点使いやすさ: 20/20点口コミ評価:
助産師のスクリーンショットNJBナース人材バンク総評: 88.00オススメ度: 20/20点信頼性: 16/20点サービス: 12/20点検索機能: 20/20点使いやすさ: 20/20点口コミ評価:
助産師のスクリーンショットマイナビ看護師総評: 83.00オススメ度: 19/20点信頼性: 20/20点サービス: 8/20点検索機能: 20/20点使いやすさ: 16/20点口コミ評価:
助産師のスクリーンショットナースパワー総評: 82.00オススメ度: 20/20点信頼性: 12/20点サービス: 16/20点検索機能: 16/20点使いやすさ: 18/20点口コミ評価:
助産師のスクリーンショット看護プロ総評: 81.00オススメ度: 17/20点信頼性: 12/20点サービス: 16/20点検索機能: 20/20点使いやすさ: 16/20点口コミ評価:
助産師のスクリーンショットナースジョブ総評: 80.00オススメ度: 20/20点信頼性: 16/20点サービス: 12/20点検索機能: 16/20点使いやすさ: 16/20点口コミ評価:
助産師のスクリーンショットMCナースネット総評: 79.00オススメ度: 15/20点信頼性: 16/20点サービス: 12/20点検索機能: 20/20点使いやすさ: 16/20点口コミ評価:
助産師のスクリーンショットジョブデポ看護師総評: 78.00オススメ度: 14/20点信頼性: 12/20点サービス: 16/20点検索機能: 16/20点使いやすさ: 20/20点口コミ評価:
助産師のスクリーンショットナースAGENT総評: 76.00オススメ度: 16/20点信頼性: 12/20点サービス: 8/20点検索機能: 20/20点使いやすさ: 20/20点口コミ評価:
助産師のスクリーンショットナースフル総評: 75.00オススメ度: 11/20点信頼性: 16/20点サービス: 16/20点検索機能: 16/20点使いやすさ: 16/20点口コミ評価:

 

求人サイト比較・検索