「医療事務」の求人・転職先をお探しの方へ

医療事務のイメージ写真医療事務は“医療機関の顔”です。病院やクリニックを訪れた患者さんや付添いの方が、医師よりも看護師よりも先に出会うのが医療事務の職員です。
医療事務の転職・求人は、勤務先によって資格がなくても就業することができますが、医療事務の資格を取得することで優遇、歓迎される場合があります。
また、この医療事務の資格は国家資格ではなく民間の団体・法人が試験を実施しており、診療報酬請求事務・医科医療事務実務・医療秘書実務・メディカルクラーク検定・医師事務作業補助者など、用途に合わせて様々な試験が実施されています。
初めて医療事務員としての就職を目指している方にとっては実務経験の代わりとして「このような資格・能力があります」というPRとして活用できますが、必ずしも資格を持っていないと医療事務の仕事に就けないというわけではありません。
まずは、以下の検索結果一覧から医療事務の転職・求人サイトをお探しになり、ご自分の状況と希望に合うサイトに登録して求人案件をお探しください。

 

検索結果

全部で11件見つかりました。
1件目から10件目まで表示

  

サイト名総評オススメ度信頼性サービス検索機能使いやすさ口コミ評価
医療事務のスクリーンショットナースジェイジェイ(NurseJJ)総評: 92.00オススメ度: 20/20点信頼性: 12/20点サービス: 20/20点検索機能: 20/20点使いやすさ: 20/20点口コミ評価:
医療事務のスクリーンショットマイナビ看護師総評: 83.00オススメ度: 19/20点信頼性: 20/20点サービス: 8/20点検索機能: 20/20点使いやすさ: 16/20点口コミ評価:
医療事務のスクリーンショットナースパワー総評: 82.00オススメ度: 20/20点信頼性: 12/20点サービス: 16/20点検索機能: 16/20点使いやすさ: 18/20点口コミ評価:
医療事務のスクリーンショットジョブデポ看護師総評: 78.00オススメ度: 14/20点信頼性: 12/20点サービス: 16/20点検索機能: 16/20点使いやすさ: 20/20点口コミ評価:
医療事務のスクリーンショットナースフル総評: 75.00オススメ度: 11/20点信頼性: 16/20点サービス: 16/20点検索機能: 16/20点使いやすさ: 16/20点口コミ評価:
医療事務のスクリーンショットツクイスタッフ総評: 74.00オススメ度: 14/20点信頼性: 12/20点サービス: 12/20点検索機能: 16/20点使いやすさ: 20/20点口コミ評価:
医療事務のスクリーンショット美容外科求人ガイド総評: 73.00オススメ度: 18/20点信頼性: 11/20点サービス: 10/20点検索機能: 18/20点使いやすさ: 16/20点口コミ評価:
医療事務のスクリーンショットスーパーナース総評: 73.00オススメ度: 9/20点信頼性: 16/20点サービス: 16/20点検索機能: 20/20点使いやすさ: 12/20点口コミ評価:
医療事務のスクリーンショットメディカルチョイス総評: 68.00オススメ度: 12/20点信頼性: 12/20点サービス: 12/20点検索機能: 12/20点使いやすさ: 20/20点口コミ評価:
医療事務のスクリーンショットとらばーゆ看護総評: 55.00オススメ度: 11/20点信頼性: 12/20点サービス: 8/20点検索機能: 16/20点使いやすさ: 8/20点口コミ評価:

 

求人サイト比較・検索

もっと知りたい!医療事務の仕事内容

医療事務と一括りにしても勤務先によって仕事の内容は異なります。現在医療事務として働いている方も、これから医療事務を目指したい方も、医療事務の転職・求人をお探しになる際の参考としてご覧ください。

クリニックで勤務する医療事務の仕事内容とは

クリニックのイメージ写真クリニックで勤務する医療事務の仕事内容は、大きく2つに分かれます。
電話応対を含む受付業務とレセプト関連業務です。相当小規模で古いクリニックの場合は、医師の診療補助業務もあるようですが、近年は看護師の採用が進んで少なくなっています。

クリニックの受付業務は、受付業務から解説していきましょう。受付業務は、クリニックの受け付けカウンターで訪れた人々に対応する仕事です。
ここで「患者さん」と言わず「訪れた人」と書いた理由は、受付カウンターに来る人は、各種業者や宅配業者、取引先製薬会社、ケアマネージャーなど他職種であり、決して患者さんだけではないからです。実際に受付カウンターに立っていると、患者さん以外の訪問者の多さに驚かされます。
的確に要件を確認し、しかるべきところに取り次ぎます。医師が診療中、検査中であれば、要件の緊急性を判断し、すぐに報告するか次回訪問のアポイントを取るか連絡先だけを聞いておくか判断し、実行します。忙しい医師に何でもかんでも報告していては診察が進みません。
受付カウンターを訪れた患者さんの様子を確認することも大切な業務です。医療事務は看護師ではありませんので、患者さんの病状を判断することは出来ませんが、とてもしんどそうな様子や移動に手助けが必要な患者さんは把握できるでしょう。すぐに看護師に報告して処置を依頼することも必要です。
クリニックの受付業務は、接客業と医療事務、両方を兼ね備えた仕事です。

レセプトは、診療報酬についての請求業務です。
クリニックの経営に関わる大切な仕事です。患者さんの診療録や看護記録、処置記録をチェックし、診療報酬を計算する書類を作成していきます。レセプト業務は、入院施設がある病院でも行われますが、クリニックの特徴は、かなり少人数で行われていることです。
レセプト書類の作成は月ごとに締切があるため、忙しさにムラがあることも特徴です。当然締め切り前は残業も多い傾向にあります。クリニックによって、カルテが電子カルテ(カルテをパソコンで管理している)か、紙カルテ(紙の書類を綴じて作成されているカルテ)かの違いがあり、作業のしやすさも様々です。

総合病院で勤務する医療事務の仕事とは

総合病院のイメージ写真入院患者さんがいる総合病院で勤務する医療事務の仕事内容は、クリニックの医療事務よりも細分化されています。
外来受付業務、問い合わせ電話対応業務、患者案内業務、入院患者レセプト業務、会計業務などです。大きな病院になると、薬局専属の医療事務、医局(医師のデスク)専属の医療事務、治験担当医療事務、ケースワーカー補助医療事務、診療情報(カルテ)管理専門の医療事務などもいます。
総合病院で勤務する医療事務の特徴は、これら一つ一つの業務が独立しており、横断的に全業務をこなすといった事は少ないということです。それだけそれぞれに熟練度が求められるとも言えます。
入職直後からは、患者案内業務を担当し、院内の構造や診療科を把握できて来たら外来受付業務へ。外来受付業務で患者さんへの対応が確実にできるようになったら、外来会計業務へ。といった感じで少しずつできる仕事を拡大していきます。
入院患者レセプト業務は、一般内科、消化器内科、心臓血管外科、集中治療室など各診療科によって難易度が異なっており、難易度が低い順から訓練されることが多いようです。
総合病院は医療事務の業務が細分化されており、仕事の習熟度に応じてできる業務が拡大していく職場と言えます。

介護施設で勤務する医療事務の仕事とは

介護施設のイメージ写真クリニック、病院だけでなく特別養護老人ホーム、有料老人ホームなどの介護施設も医療事務が活躍しています。
医療保険のレセプト請求だけではなく、介護保険のレセプト請求も混在しており、介護保険に関する知識も必要です。
クリニックや病院と比較すると、入居者様のご家族に連絡を取ったり、訪問看護師や往診医師に連絡したりする業務が多いことが特徴です。また、病院より医療事務の人数が少なく、医療事務が1人という施設も多いです。このため、事務一般をオールマイティーにこなすことが求められます。
介護施設は医療事務が介護保険に関する知識を持って、外部との連絡調整役となり、オールマイティーに活躍できる職場と言えます。

医療事務(未経験者も経験者も)転職するときに知っておいてほしいこと

医療事務は、実務系経験の豊富さ、仕事へのやる気、顧客へのサービス精神、接遇の確実さが重要視されるお仕事です。
そして、未経験者でも仕事へのやる気、顧客へのサービス精神、接遇の確実さを持っている人であれば、何歳からでも始められる仕事です。医療事務に精通し、長年勤務している人であれば、その経験は高く評価され、長く働けることでしょう。
つまり、医療事務の求人・転職やる気さえあれば何歳からでも始められ、経験者は長く働ける仕事と言えます。

未経験で医療事務に就職するために資格は必要ない

現場で痛感する事は「医療事務に就職するために資格は必要ない」ということです。正確には「必ずしも資格は必要ない」ということになります。
医療事務未経験の方に対して知識が無くてもできる、と言っている訳ではありません。また、医療事務経験者の方に対して、資格を取ることは無駄だと言っている訳ではありません。どんなに優れた医療事務の資格を持っていたとしても、サービス業としての心が無ければ務まりませんし、正しい接遇が身についていなければ意味が無いということです。
未経験者、経験者に関わらず、医療事務に転職を考えている方に大切なことは、患者さんに丁寧で誠実な態度で接することが出来る心だと言えます。

医療事務は実務経験が優遇される!経験を積むほど重宝される

医療事務の仕事の中でも、診療報酬(レセプト)関連業務に関しては、実務経験がかなり重要視されます。特に即戦力を求めているクリニック、病院では顕著です。
診療記録(カルテ)を見ながら、請求すべき保険点数を明らかにし、請求用の書類する作業は、「この病気、この処置の場合は何点請求できるか」という正しい知識をもって迅速に行わなければなりません。
レセプト関連業務は、診療報酬算定表を眺めながらじっくり時間をかけて進めていては間に合いません。また、書類作成に間違いがあると、クリニックや病院の収益に不利益をきたす可能性があります。
医療事務の仕事の中で、レセプト関連業務は、実務経験を生かしてテキパキと仕事をこなせる医療事務経験者が最も優遇されます。実務経験が優遇されるということは、医療事務は年齢関係なく長く働き続けられる仕事だと言えます。

医療事務として働くためには、基本的なパソコン操作はできた方が良い

最近は、クリニック、病院のカルテの電子化が進んでいます。電子カルテとは、患者さんの情報や診療記録、検査の実施記録や結果を「紙の書類」では無く、パソコン上で運用するカルテです。
電子カルテは、情報が外部のサーバーに保管されるため、カルテの盗難や紛失、劣化、焼失が起こりにくくサーバーのセキュリティーが確保されていれば、紙カルテよりも安全と言われています。
当然、医療事務もパソコンを使っての作業になります。医療事務に就職したい方は、基本的なパソコン操作やワード、エクセルの操作が不安なく出来ることが望ましいと言えます。レセプト関連の仕事以外でも、患者さんからの問い合わせに対応するや文書作成などに関してパソコンでの作業が中心になります。

医療事務から医療事務への転職は、出来ることをしっかりアピールしよう

医療事務経験者が、医療事務として転職するときに大切なこと、面接で受かるためには、今までの経験や自分のスキルをしっかりアピールすることです。
先にも述べたように、採用側は医療事務の実務経験を即戦力として評価しています。「〇〇病院の医療事務として3年勤務しました」という曖昧なアピールではいけません。
例えば「〇〇病院では、循環器病棟の入院患者様のレセプト作成を担当していました。点数漏れが無い様にきちんと請求できるスキルは身についていると思います。医師の診療情報書作成のサポートや、主治医意見書作成のサポートも可能です」という具合に、自分の経験やスキルをアピールしてください。

医療事務はクリニック、病院の顔!身だしなみには最大の注意を

患者さんや利用者さんが、クリニックや病院に入って一番始めに応対するのは医療事務です。
人は「見た目が9割」…というと大げさかもしれませんが、初めて出会って数秒以内の第一印象がのちの人間関係を大きく左右すると言われています。病院、クリニックなどでは患者さんに対しても同じことが言えます。病院、クリニック自体を患者さんに信頼してもらえるかどうかは、医療事務の最初の対応次第で大きく変化します。
また、直接会ってお話をしなくても、受診前の問い合わせや初診受付の電話で、悪い印象を与えてしまうと患者さんに信頼してもらえないどころか、クリニックや病院に足を運んでくれなくなります。さらに最近ではSNS(TwitterやFacebookなど)による口コミ評判の拡散で、あっという間に良からぬ噂が立ってしまう時代です。
正しい敬語、爽やかで親切そうな笑顔、話を聞こうとする姿勢、清潔な身だしなみ、職員同士の私語やなれなれしい仕草を避けること、これらすべてが医療事務に求められます。

医療事務に転職したいときに知っておいてほしい事とは

それでは最後に、今まで説明してきたことをまとめてみましょう。

  • 医療事務は、実務系経験の豊富さ、仕事へのやる気、顧客へのサービス精神、接遇の確実さが重要視されるお仕事である
  • 医療事務に就職するためには必ずしも資格は必要ない、実務経験が優先される
  • 診療報酬(レセプト)関連業務に関しては、実務経験がかなり重要視される、特に即戦力を求めているクリニック、病院では顕著
  • 基本的なパソコン操作とワード、エクセルの作業が出来ることが望ましい
  • 医療事務から医療事務への転職は、出来ること、スキルを具体的にしっかりアピールする
  • クリニック、病院の印象は医療事務で決まる。正しい敬語、爽やかで親切そうな笑顔、話を聞こうとする姿勢、清潔な身だしなみに心がけ、職員同士の私語やなれなれしい仕草を避ける

医療事務は、実務経験を積めば積むほど重宝され、やりがいもあり、長く働けられるお仕事です。未経験の方もやる気次第で飛び込んでいけます。ぜひ当サイトでご紹介している看護師求人・転職サイトから、あなたに合った職場を見つけてください。